49歳からのセミリタイア生活

49歳で早期退職しました。東京・高円寺の街あるき、時事ニュース、趣味のことなどをつづります。1日おきに更新。

出世したくないサラリーマンが増えている理由は理解できる

f:id:hima-life:20201021190549j:plain

会社に勤めていたときのこと。
深夜の業務を終えて疲労困憊し、帰宅に向かう会社の廊下で「ハア〜」と大きなため息をついたのを後輩の社員に見られたことがあります。
もう、こんな仕事、やってられねえ。
そんな思いだったのでしょう。
後ろを歩いていた後輩は「いやあ、大きなため息でしたね〜。ホントに疲れてるんですね」と苦笑いしながら話しかけてきました。
会社で希望退職の募集が始まったとき、真っ先に「早期退職するんでしょう」と言ってきたのがこの後輩です。
ぼくの気持ち、分かってたんですね。

f:id:hima-life:20201021190634j:plain

セミリタイア生活が始まって、そろそろ9ヶ月が過ぎようとしています。
日ごろ会社のことを振り返ることはほとんどないのですが、ふとした時に仕事をしていた時代を思い出す時もあります。
もう会社に未練はありません。
バリバリ働いている同僚たちの話や、仲間が出世していく様子を聞くと、頑張っているなあと感じます。
正直、ちょっぴりまぶしく思う気持ちもないではありません。
だけど同時に、あの大きなため息をついた時のことを思い出すのです。
心身ともに疲れ切り、ヘトヘトになって薄暗い廊下を歩いた、あの日のことを。
そして、もう2度と戻りたくないと、改めて思うのです。

f:id:hima-life:20201021190608j:plain


いまは出世を望まないサラリーマンが増えているようです。

  
管理職になって出世しても、責任が大きくなる割に報われない。
働き方改革」が叫ばれて平社員の勤務状況には注意が払われるけれど、管理職は後回しです。
平社員の負担が軽減された分、それを管理職がかぶることになります。
以前は部下を育てながら成果を出していくのが管理職の仕事でした。
そこには苦労とともにやりがいもあったでしょう。

だけど、いまは部下にもシニア社員が増えました。
部下を育てるというより、年配の社員に気をつかいながら、いかに気持ちよく働いてもらうかに心を砕かないといけません。
年下であっても、パワハラやセクハラにならないよう、常に気をつける必要があります。
会社が右肩上がりでイケイケなら、権限を持つ管理職は楽しいかもしれません。
しかし、業績が悪化している会社では、人員や予算が削減される状況下で成果を求められます。
部下を配置転換したりリストラしたりしなければならない場面も増えます。
気苦労ばかりが多く、報いが少ないのが今の管理職だと言えます。

だから、いま管理職を務めている皆さんは素直にスゴイと思いますね。
人には言えないプレッシャーや責任を背負い込んで、日々働いている。
心から、お疲れ様です!
くれぐれも体と心を壊さないように頑張ってくださいね。

50歳で肩書「旅人」の同級生がいた

f:id:hima-life:20201019204418p:plain

今年は新型コロナの影響で、さまざまなイベントが延期や中止になっています。

結婚式も延期が多いらしいですね。

高齢の親族も多数集まるので、仕方ないかと思います。

人気の教会や神社などは次の予約を取るのが難しいのでしょうか、「1年後に延期」を決めたカップルもいるようです。

みんな思いますよね。

1年後、カップルがちゃんと続いているといいなって。

大丈夫かなって。

若いころの1年って、何が起きても分からないですからね。

 

それはそれとして。

ぼくにも新型コロナの影響がありました。

高校の同窓会が中止になったのです。

卒業以来、30年以上ぶりに一同が集う機会でした。

高齢の恩師らも招待されていたので、中止は妥当な判断だと思います。

ぼくはそれほど高校に思い入れがないので、そんなに残念ではありません。

別に熱く語り合う話題もないし、会社も辞めたので仕事上のメリットもないんです。

昔話って、楽しいですかねえ。

 

f:id:hima-life:20201019204615p:plain


同窓会は中止になりましたが、消息が分かる人の名簿作成は進んでいるようです。

眺めていると、名前のほかに、希望者は肩書をつけています。

「田中太郎 〇〇銀行」「鈴木次郎 〇〇製作所」みたいな感じ。

これ、改めて考えると不思議じゃないですか。

30年ぶりに会う人のアイデンティティーが、働いている会社の名前って。

だって高校時代は、あいつは足が速かったとか、やたら声が大きかったとか、スポーツで全国大会に出たとか、その人を表すものってまちまちだったはずです。

みんな、それぞれの特徴で人物像を記憶している。

なのに、30年後に会う人間を表すものが一律に、勤めている会社の名前になってしまうんですよ。

いかにも会社人間社会のニッポンですね。

ぼくは肩書ナシですが。

 

f:id:hima-life:20201019204648p:plain

そんななか、目を引いた肩書がありました。

「旅人」です。

いやあ、勇気ありますね。

拍手です。

パチパチパチ。

これが20代だったら分かります。

「オレは旅して生きてるんだ」「ほかのヤツとは違うぜ」と粋がる気持ちは理解できます。

でも、みんな50歳なんですよ。

20代で「旅人」を名乗るのとは意味が違います。

50歳にして「旅人」を肩書にできるのって、スゴクないですか?

いったい、何をやって生きているんでしょうか。

高校時代は目立つ存在じゃなかった男なので、そいつのことはあまり記憶にありません。

だけど、30年を超える月日は一人の男を旅人に変えたのですね。

 

ともかく、誰もが「〇〇証券」じゃなくて、よかった。

日本もまだ捨てたものじゃない。

なんだかほっとしました。

ぼくも次の機会があったら「遊び人」でも名乗ろうかな。

中高年が組織にしがみつこうとするワケ

f:id:hima-life:20201009171958j:plain

最近、退職した会社の同僚や仕事関係で知り合った人たちからちょくちょく「飲みに行きましょう」と連絡が来るようになりました。
うれしいものです。
ぼくと会っても、仕事上のメリットなんて何もないですからね。
忘れずに思い出してくれただけでもありがたい。
もしかしたら仕事をしない生活ってどんなものなのか、みんな興味があるのかもしれません。
そりゃそうでしょう。
周りにはアラフィフのプータローなんてそんなにいないだろうから。

ところで、最近は早期退職を考える人も増えてきたようです。
若いうちからFIREに向かってまっしぐらの人も出てきました。
だけど、ほとんどの人は定年まで会社に勤めます。
もちろん、最大の理由は経済面でしょう。
働けるうちは働いて、退職金をもらって老後の資金に充てる。
これが一般的なサラリーマンの人生設計です。
でも、子供も自立し、共働きで金銭的な余裕があるのに会社に居続ける人もいます。
仕事にやりがいがある人はいいでしょう。
そうではなく、役職から外れてやることもあまりないのにしがみついている人もたくさんいるようです。
俗に「妖精さん」って言われているみたいですね。
出社はするけど、いつの間にか席を離れて妖精のようにいなくなってしまうシニア社員を指す言葉です。

f:id:hima-life:20201009172015j:plain

いまの典型的な中高年サラリーマンは、組織から離れた経験がない人たちです。
幼稚園から大学まで学校という組織に所属し続け、組織の論理の中で育つ。
新卒で会社に入ると、今度は会社組織にどっぷり浸かった人生を送ります。
だから、組織の中での人間関係しか知らない人が多いのです。
会社から離れたら、あらゆるコミュニケーションが完全になくなってしまうのではないか。
そう考えて不安になる人は多いのではないでしょうか。
実際、退職したら送られてくる年賀状が激減した、という話はよく聞きますよね。

会社に居続けさえすれば、少なくとも話をする対象はいます。
相手が好きだろうが嫌いだろうが、仕事でのコミュニケーションはとる必要があるのです。
やることのない管理職がやたらと会議をしたがる理由の一つは、これだと思っています。
オジサンって、普通にしていたら誰も相手してくれないんですよ。
みんな、くたびれたオジサンよりは若者や女の子と話をしたいものなんです。
でも、そうやって仕事の話ばかりをしていると、ますますイヤがられるのです。

f:id:hima-life:20201009172033j:plain

相手にされなくなるのを恐れて、組織にしがみつく。
中高年の男性って、哀れな生き物です。
だけどね。
誰もが、いつかは組織を離れないといけない時はきます。
早かれ遅かれ。
ぼくはセミリタイアしたので、それが一般のサラリーマンより10年ほど早かっただけです。
こう思うのです。
オジサンは、しょせんは孤独なんです。
それを受け入れないといけない。
もちろん、いつも仲間に囲まれてワイワイ過ごせれば楽しいけれど、必ずしもそううまくいくとは限りません。
独りを受け入れ、楽しく過ごす。
独りでも人生を楽しんでいれば、自然と人は寄ってくるのではないでしょうか。
ひとって、楽しそうにしている人のもとに集まるものだから。

セミリタイア生活では、発信を続けることが大事

f:id:hima-life:20201013000629p:plain

ぼくは、ツイッターFacebookを実名でやっています。

会社を辞めたときも、そこでお知らせしました。

先日、妻が思わぬ人から「旦那さん退職されたのですね」と言われたらしいのですが、その人はどうやらぼくのFacebookを見ていたようです。

こんなこともあるんですね。

 

ところで、会社を辞めてしまうと、とたんに社会から切り離されて孤独な日々を送ることになってしまうのではないか。

そんな不安を抱えて、セミリタイアをためらっている人がいるかもしれません。

毎日、図書館に通い、喫茶店でコーヒーを飲む。

公園や街をブラブラ歩く。

誰ともしゃべらない日が何日も続く。

たまに話す相手はコンビニの店員さんだけ。

セミリタイアには、なんとなくこんなイメージがありますよね。

 

退職後の社会生活は、いったいどんなものになるのか。

これ、実際にセミリタイアしてみないと分からないと思います。

人それぞれだし、何を求めるのかも違うし。

人付き合いが嫌いで、「ポツンと一軒家」のような暮らしが理想なら、他人と交わる社会生活は必要ありません。

仕事での人間関係がイヤだった人は、これ幸いと引きこもって独りを満喫できるでしょう。

だけど、たまには誰かと気軽に話す時間が必要だと思う人は、人とのつながりを大事にしておかないといけません。 

f:id:hima-life:20201013000751p:plain

ぼくは友人とたわいもないおしゃべりをしたり、仲間と集まったりするのが好きなので、何日もの間、誰とも話をしない生活は望みません。

幸い、今のところは月に数回は友人と会って食事をしたり飲んだりしています。

仕事と関係ない付き合いなので、気楽です。

また、毎日毎日会うわけでもないので、人疲れもしなくて、いいペースです。

ありがたいことです。

 

どうやったら、人とのつながりを続けていけるのか。

ぼくが活用しているのが、SNSです。

仕事場や会社で人と会うことがないと、ぼくがいったい何をしているのか、誰も知らないことになります。

だから、時おりSNS上で発信するようにしているのです。

f:id:hima-life:20201013000833p:plain

内容はたわいもないこと。

山に登ったとか、面白そうな店を見つけたとか、こんな本を読んだとか。

ときどき、始めたばかりの下手くそなピアノの進捗状況をアップしたりもしています。

すると、けっこう反応があるんですよ。

みんな、知人や友人がどんな生活をしているか、ある程度は興味があるもんなんですね。

もし反応が少なくても、少なくとも、ぼくが元気で生きていることは知らせることができます。

 

そうやって発信を続けていれば、「近く、ごはんでもどう?」と誘ってくれる友人も出てきます。

何をやっているのかまったく分からない人よりも、きっと声をかけやすいのでしょう。

会ったときもぼくの日常を知っているので、それに関する話題もありますしね。

別にゴージャスでキラキラした話じゃなくていいんです。

だいたい、そんな話なんてないし、嫌味になるし。

ふだんの生活を淡々と発信していけば、人とのつながりを助けてくれるんじゃないかな。

そう思っています。

 

1周年を迎えたドラクエウォークの功罪を考えてみた

f:id:hima-life:20201015082346p:plain

セミリタイア生活に限らず、人生においては小さな楽しみをたくさん持っていることが、幸せの秘訣なのかなと思っています。

ぼくの小さな楽しみの一つが、ドラクエウォーク。

リリースされた日からすぐに始めて、いまは1周年記念イベントの最中です。

1年が過ぎるのってあっという間ですねえ。

 

さて、日々ドラクエウォークをちまちまとやり続けた1年で、このゲームのメリットとデメリットを体感してきました。

もちろん、楽しいことが多いのですが、いいことばかりではありません。

ドラクエウォークの「功罪」を考えてみました。

まずは、いいところから。

f:id:hima-life:20201015082622p:plain

①外に出かける気分になる

ポケモンGOが世界中に広まったとき、アメリカでは「オバマ大統領が巨額のお金をかけても成しえなかったことをポケモンGOはやってのけた」という報道がありました。

肥満が大きな社会問題になっているアメリカで、運動不足の人たちを外に連れ出して歩かせることに成功したんですね。

ドラクエウォークも、同じように外を歩いて遊ぶゲーム。

おでかけするいいモチベーションになっています。

 

②スキマ時間に遊べる

本格的なゲームって、ついつい夢中になって何時間もやってしまうじゃないですか。

特に、ぼくのようなセミリタイアおじさんだと、いくらでも時間がある。

徹夜でゲームをやり続けることも、やろうと思えばできます。

そうしたゲームって、5分やってやめるとか、ちょっと空いた時間に遊ぶようなものは多くありません。

ダンジョンをクリアするまで何十分もかかったりします。

でも、ドラクエウォークはちょっとしたスキマ時間に手軽に遊べます。

ウォークモードにしておけば、スマホをポケットに入れておくだけでもいい。

ゲームに熱中しすぎることなく、健康的に楽しめるのはいいところです。

f:id:hima-life:20201015082544p:plain

③コミュニケーションのツールに使える

ドラクエウォークは簡単なので、家族で楽しんでいます。

だから、新しいイベントが始まったり、強いメガモンスターが出てきたりしたときは家族の話題になります。

集まって強敵を倒す場面もあるので、一緒に協力することもあります。

いいですよね。

家族みんなで楽しめるゲームって。

さらに、全国の観光地などでは「おみやげ」をゲットすることができ、それを友だちに配ることもできます。

普段あまり会わない友人の中にドラクエウォークをやっているやつがいます。

遠出をして「おみやげ」を手に入れたときは、彼に送ってあげるのですが、そうすると数日後に彼からも「返礼」のおみやげが送られてきたりするのです。

こういう、たわいもないやり取りが楽しいんですよね。

 

いい点ばかりに思えるドラクエウォークですが、マイナス面もあるにはあります。

いくつか挙げてみましょう。

f:id:hima-life:20201015082608p:plain

①本を読まなくなった

「スキマ時間に遊べる」メリットがある半面、ちょっとした時間があると、ついついドラクエウォークをするようになってしまいました。

たとえば、移動の時間。

以前だったら、電車の中では本を読んでいたのですが、いまはスマホとにらめっこ。

こうして考えると、読書もスキマ時間向けの趣味だったんですね。

本を読まずにゲームばかりしてしまう。

小学生だったら怒られそうです。

 

②景色を見なくなった

ドラクエウォークには、放っておいても勝手に戦闘をしてくれる「ウオークモード」があります。

だけど、それだとお目当てのメガモンスターだったりアイテムだったりを見つけることはできません。

だから、散歩していても、どうしてもスマホに目が行ってしまうんですよね。

意識がゲームに向いているから、せっかく出歩いても周りの景色を見なくなってしまいます。

本来なら景色や風景の変化を見つけるのが散歩の楽しみなのに。

電車でも車窓からの景色を見ることがなくなってしまいました。

いけませんね。

f:id:hima-life:20201015082646p:plain

③義務感に駆られてしまう

ゲームの製作者側は、ユーザーを惹きつけようとあの手この手を繰り出してきます。

様々なイベントが配信されるのですが、たいていは期限が区切られているんですね。

「あと〇〇日」とか「あと〇時間」の表示が出ていると、どうしても期限までにやらなきゃと思ってしまう。

まんまと製作者の手のひらの上で踊らされてます。

本来なら仕事じゃないから、別に無理してイベントをこなす必要はないはずなのに、なんだか義務感に駆られてやってしまうのです。

せっかくのセミリタイア生活だから、もっと気楽に過ごしていいのにね。

 

というわけで、メリットとデメリットを挙げてみました。

どうでしょう。

デメリットがあったとしても、ぼくは続けるつもりです。

なんせ、タダですしね。

ヒマな人は、ささやかな楽しみにやってみてはいかがでしょうか。

セミリタイア生活の休日、会社員との違い

f:id:hima-life:20201012151022j:plain

会社に勤めているときは、勤務表というのがありました。
毎日、勤務表を眺めては、「あと3日働けば休みだ〜」「この日は朝早いから、前日は飲みに行けないな」などと考えていましたね。
もちろん、休みが多い月はうれしかった。
会社勤めの最後の方は、とにかく心身ともに疲弊してましたからね。
2月は単純に日にちが少なく、そのため労働日数が少ないだけなのに、ちょっとうれしかったりして。

ところで、今月のカレンダーを見ると祝日が1日もありません。
本来、10月10日は「スポーツの日」だったはず。
ただ、東京五輪が開催される予定だった今年は、その祝日が7月に移動していたのです。
そのため今月は祝日がなくなり、ショックを受ける人が続出しているとのこと。

  いやあ、わかりますね。
土日以外の休みが1日もない1ヶ月を乗り切らないといけない、絶望的な気持ち。
会社員を続けていたら、カレンダーを見るたびにため息をつきそうです。
でも、今年はこの記事を読むまでは気づきませんでした。
なんせ勤務表がないですからね。
勤務表を眺める必要のない生活って、ステキです。
セミリタイアしてからは毎日が休み。
いちいち祝日かあるのかどうか、楽しみにすることがなくなりました。
やっほ〜。

f:id:hima-life:20201012151041j:plain

ただ、曜日感覚が完全になくなったかといえば、そうではありません。
セミリタイアしたら、いつでも好きに出かけられます。
だから、混雑する土日を極力避け、平日に出歩くようになるのです。
土日は本当の意味でお休みです。
会社に勤めていると、こうはいきません。
週末の人混みのなか行楽地に向かい、行列に並んで家族サービスに努めるお父さんたちは大変ですよ。
世のお父さんたち、お疲れ様です。

f:id:hima-life:20201012151109j:plain

ところで、コロナ前とコロナ後で、大きく変わったなと思うことがあります。
それは、健康ランドの人出です。
いつも土日を避けて平日の朝から風呂に浸かっていました。
セミリタイア生活ならではの天国の時間です。
平日だとガラガラ。
ゆったり湯船を占領し、好きな漫画を好きなだけ読みふける。
いい時間でした。
ところが、最近は平日でも結構混んでいることがあるのです。
コロナによって在宅ワークが浸透したおかげでしょうね。
健康ランドの中にパソコンを持ち込んで仕事をしている若い人も増えました。
荻窪の「なごみの湯」には、パソコンを使えるデスクのあるWi-Fiスペースもありますからね。
先日は読みたい漫画を先に借りられてて読めない事態にもなりました。

f:id:hima-life:20201012151127j:plain


コロナの影響によって、少しずつ平日と休みの境目が曖昧になってきているのかもしれません。
仕事と休暇を合わせた「ワーケーション」なんて言葉も出てきてますよね。
働いている方々にとっては、いい傾向かもしれません。
働き方の選択肢は多い方がいいので。
ぼくたちセミリタイアラーにとっては、平日に遊べる特権が霞んでしまうのは、ちょっぴり残念ですけどね。

早期退職を決断した最大の理由

f:id:hima-life:20200928180554p:plain

23年間勤めた会社を早期退職する際には、いろんな人から聞かれました。
「どうして?」と。
理由は一つではありません。
言えることもあれば言えないこともあります。
相手によっても答えは違ってきます。
これからも会社に残って頑張っていく同僚に対して、会社への不満を言うわけにはいきませんよね。
ましてや「会社に将来性がないから辞める」なんて言えません。

オフィシャルな理由の一つとしては、「親の介護」があります。
実際、介護は現実的な問題になりつつあり、そろそろ真剣に考えなければならない時期になっていました。
ちょうどそのタイミングで希望退職の募集があったのです。
誰に聞かれても、たいていの場合、この理由を挙げておけば問題はありません。

f:id:hima-life:20200928180619p:plain


あとは仕事に対して情熱が薄れてきたこともあります。
現場から離れて管理職になると、途端に雑務が増えます。
これまで感じてきたワクワク感がなくなり、責任だけが重くなるのです。
斜陽業界にいたので、会社の将来が見えないこともモチベーションの低下につながりました。
予算も人員もドンドン削られていき、面白い仕事をするのが難しくなってきていました。
若い人が入らなくなって、年配の社員が増えていきます。
自分よりも年上の部下にいかに働いてもらうかに神経を使う日々が続くと、ストレスだけが溜まっていきます。
業績悪化に伴って給料も減らされるのがわかっていました。
この先、何年か勤めた後に希望退職に応じたとしても、条件は間違いなく悪くなっているでしょう。

前向きな理由としては、「仕事をやり切った」という思いもありました。
これから続けたとしても、自分がそれまでにやってきた以上のことができるかどうかは疑問でした。
まだ気力と体力があるうちに新しい一歩を踏み出したいという気持ちが湧いていたのです。

f:id:hima-life:20200928180642p:plain

いろんな理由がありますが、最も大きかったのは健康です。
23年間の不規則でストレスフルな生活は、確実に健康を蝕んでいました。
健康診断でも年々いろんな数値が悪化していました。
薬も医者から「これ以上は出したくない」と言われる量を処方されていました。
40歳を過ぎると、健康を害して倒れる人が周りにも出てきます。
ぼくは切実に思ったのです。
「このまま仕事を続けると、本当に死んでしまったとしてもおかしくない」

f:id:hima-life:20200928180713p:plain


まだ新型コロナが広がる前だったので、テレワークなどほとんどなかったころです。
ようやく働き方改革の呼び声が始まっていたとは言え、日によっては深夜まで会社に残らないといけない業務に当たっていました。
いまの仕事に、自分の健康を犠牲にするほどの価値はあるのか。
そう考えると馬鹿らしくなったのです。
23年間も勤めると、会社という組織がどんなものかわかります。
健康を損なおうが、倒れようが、会社があなたの人生の責任を取ってくれることはありません。
すべては自己責任なのです。
自分の身は自分で守るしかないのです。
そして、代わりはいくらでもいます。
あなたがいなくなっても、会社は間違いなく回っていきます。

セミリタイアして8ヶ月がたちました。
健康を取り戻すのは、そう簡単ではありません。
でも、今は時間があります。
ゆっくり時間をかけて、まずは元気な身体をつくり上げようと考えています。
健康さえあれば、あとの問題はなんとかなるものなので。
その後のことは、そのとき考えればいいさ。